FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタスティック!チェコアニメ映画祭の続き

誤って作成途中なのに公開にしてしまいました。。のでそのつづきCA350118_convert_20080502150109.jpg
>
4月19日~5月9日まで開催しています。
上映プログラム
A ガーリープログラム(6作品76分)、B アニマルプログラム(9作品78分)、
C ビタースイートプログラム(8作品78分)、D ナンセンスプログラム(9作品77分)
となってます。今後のスケジュール、、
5/3~5 14:00A 15:35B
5/6,8,9 14:00C 15:35D(5/7は休館)
「ぼくらと遊ぼう!」などで日本でもおなじみ、84歳の現役作家、ブジェチスラフ・ポヤルさんの作品も数多くあります。
わたしは、AとBを見ました。なかでもお気に入りは「ネコのお絵かき」、「ネコの学校」。
実写キャラの画家のホンザとアニメの二匹のネコのおはなし。ホンザの横にボードがあって、その中にネコたちがいます。ボードの中でネコたちはいたずらし放題!ネコのお絵かきは、ホンザの留守中にボードに残された絵の具を使ってネコたちが絵を描いて、いたずらするというおはなし。ネコの学校は、ホンザが学校を描きネコたちを通学させようとするが、ロボットの先生やガチョウの先生にいたずらし放題。ホンザは五枚も絵を描かないといけないのに全然進まなくて、怒るとネコたちはニャ~とは泣かず、え~んと泣くのがかわいい。。色彩もポップな色使いで素敵でした。
あとは、
「真夜中の大冒険」 仲良しの駅長の人形と木でできた機関車の前に新しい列車があらわれて、いつも一緒に遊んでいたのに駅長さんは新しい列車と遊びだす、、というおはなし。
「ラブラブラブ?」 小説家に初めて名前をつけてもらったクモ。友情に目覚めるのクモだが、小説家に恋人ができる。クモはどうなるのか、、というおはなし。途中でクモが獲物をとる場面があるのですが、それまで愛嬌ある姿だったのに突然鬼のように豹変するところがこわかったです。
「劣等感」文字も読めて英会話も話すし、チェスだってする犬を奥さんはとてもかわいがる。主人はそれがおもしろくなくて犬を殺そうと計画する、、!というおはなし。衝撃のラストです。
メッセージ性のある話もあり、とても楽しかったです。
映画公開記念でチェコの人気絵本作家ヨゼフ・パレチェクの新作絵本「ちびとらちゃん」の原画19点とチェコのヴィンテージしかけ絵本も展示しています。
CA350117_convert_20080502163943.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

lesqua

Author:lesqua
現在、旦那さんとねこと三人暮らしです。わくわくしながら少しずつ手作りをつくるまいにちです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。